このエントリーをはてなブックマークに追加

就活時も前髪が短いと不利?面接に間に合わせよう

社員としての就活時はもちろん、パートやアルバイトなどの面接においてもヘアスタイルの印象は大きいものです。中でも前髪は顔の印象を作る上で大切なものですから、なるべく就活に最適な前髪に整えておきたいものです。

 

何故なら面接官はどうしても、その人の顔の印象などで採用を判断しがちです。飲食店を始めとして、接客業には明るい雰囲気を持った人が採用されやすくなります。あまりにも変わった短い前髪では、面接官の印象も変わってしまいます。

 

ですが就活をしようとして美容院に行き、前髪を切られすぎてしまったりすると問題です。そんな時はすぐに前髪を伸ばさないといけませんが、なかなか難しいでしょう。だいたい就活は数ヶ月から一年程度行うことが多いので、なるべく早めに前髪を復活させなければいけません。

 

就活時の前髪が短いとどうなる?

 

おでこが見える子供みたいな髪型は、就活には不向きです。やはりどうしても子供のように見えますし、仕事ができるように見られないこともあります。また短すぎる前髪では、ぱっつんになってしまって格好が悪いと言うこともあるでしょう。

 

このようなヘアスタイルでは、面接官に身だしなみに気を使っていないのかな?と思われる可能性もあります。学生などであれば問題はありませんが、就活するならある程度大人っぽく見えるヘアスタイルを選択することが最適です。

 

なんとなくの印象で、面接官からの受けが悪くなってしまっては問題があります。就活時は黒髪や抑えたカラーにすることが多くなるため、余計に前髪が子供っぽいとあまり良い印象になりません。

 

できるだけ前髪は伸ばして、明るく爽やかなイメージを作り上げることが大切です。採用にも関わってきますので、気をつけておきましょう。

 

就活時の前髪と女性向けの髪型の基本

 

就職時によくある髪型としては、前髪をサイドに流して分ける髪型です。きちんとして見られますし、サイドに流すことで分け方も変えることができます。自分に似合う前髪の形も見つけやすいのです。

 

髪の色が暗くなる分、前髪の形できちんと感を演出しながらおしゃれに見えるよう配慮しなければなりません。仕事を探している時にはストレートのヘアスタイルにする人も多いため、前髪がぱっつんでは少し微妙な感じになります。

 

前髪をサイドに流せばコテなどを使ってちょっとしたカールもつけやすくなるでしょう。ヘアスタイルにも気を使いやすくなります。

 

この前髪はある程度髪が長くないとできないので、今から伸ばそうと思うなら髪を早く伸ばせるように工夫をしなければいけません。

 

前髪が長めの方が明るく見える

 

前髪が長めの方が明るく見える理由として、少しおでこが見えると言うことがあります。短すぎる前髪ではおでこが全開です。またちょっと伸びてきていても、ぱっつんならおでこはほとんど隠れてしまいます。

 

あまりにもおでこが全開なら子供のようになます。また、ぱっつんのまま伸ばしていると髪が目にかかってしまって暗い印象になりがちです。そのため、長く伸ばしてサイドで分けるやり方が就活には適しているのです。

 

伸ばしてサイドに流すようにすれば、半分くらいおでこが見えるようになります。顔の面積的にもちょうど良い感じになり、爽やかな印象を与えます。前髪だけでもじゅうぶんに印象が変わってくるのです。

 

前髪が短いと暗く見えることも

 

前髪が短いと暗く見える理由は、それが文学少女にありがちなヘアスタイルと言うことがあげられます。日本人の場合、手入れなどを何もしないとこういう髪型になりがちなので、暗く見られる原因でもあります。

 

よほど短い前髪以外は個性もあまり見られませんし、印象が薄くなることもあります。
ぱっつん前髪やおでこを出すくらいの前髪は、どうしてもおしゃれとは言いがたいことも理由のひとつです。特に眉にかかるくらいでそのまま下ろしている前髪は、就活でも暗く見られがちになります。

 

なるべくきちんとした大人の女性がしている前髪に合わせることで、印象も明るくなります。前髪は伸ばしておいた方がヘアスタイルに幅も出てきます。

 

就活時に前髪を伸ばすには

 

忙しく動き回らなければならない就活中は、なかなか生活スタイルを変えるのも難しいことです。こんな時に前髪をしっかり伸ばすようにするなら、手軽に使えるシャンプーが最適です。

 

女性の育毛に効果的なシャンプーを使うことで、毎日の入浴時に髪を伸ばす手助けができます。普段のシャンプーを変えればいいだけなので簡単なのも魅力のひとつです。

 

通常であれば半年以上かかりがちですが、育毛を心がけることでもっと早く好きなヘアスタイルを作ることができます。就活中にヘアスタイルを変えたいなら、まずは簡単にできることから始めましょう。

 

 

まとめ

 

就活を行う時に気をつけなければいけないのが、前髪を含めたヘアスタイルです。面接官に好印象を与える髪形を作ることで、採用にもつながってきます。

 

完全なおでこ出しスタイルでは子供っぽすぎますし、ぱっつんのまま伸ばしているのでは没個性です。特にヘアカラーが暗めの就活時においては暗い印象にもなりますし、前髪はサイド分けが適しています。

 

出来るなら前髪を伸ばしてサイドで分けることで、きちんとした印象も作れますし明るい雰囲気にもなります。シャンプーなどは忙しい就活中でも簡単に使える育毛アイテムなので、積極的に取り入れるのが最適です。

 

まずは前髪を伸ばして、就活に最適なヘアスタイルを作るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加