このエントリーをはてなブックマークに追加

前髪のかわいいアレンジ方法を知ろう!セットで印象を変える

前髪が短くなりすぎた時でも、セットの方法を変えれば似合うヘアスタイルに変化させることができます。

 

ヘアセットはあまり意識したことがないという場合でも、簡単なアレンジで切りすぎた前髪をオシャレに見せることは可能です。少し工夫をして、前髪の雰囲気を変えてみましょう。

 

短い前髪をかわいらしく隠すヘアセットの方法はいくつかあります。どうしても前髪が気になってしまうなら、隠してしまうことでアレンジができるのです。今回は、その方法を紹介していきたいと思います。

 

切りすぎた前髪のかわいいセットの仕方とは?

 

 

短い前髪でも、セットすることはできます。簡単にセットをしたいなら、まずはヘアピンやゴムなどのアイテムを用意しましょう。切りすぎてしまった前髪は、いっそすっきり隠してしまった方がかわいく見せることができます。

 

簡単な方法としては、前髪以外の場所から髪を持ってきて前髪と一緒にまとめてしまうやり方があります。一部分持ってくるだけなので、好きな雰囲気にアレンジができます。短い前髪を一緒にピンなどで留めてしまえば、不自然にもなりません。厚くしたい時には束を多めにすれば問題ないでしょう。

 

ヘアピンなどで留めたり、一緒に編み込みしたりとアレンジ方法はたくさんあります。道具を使いたくない時には、ヘアアイロンなどが便利です。前髪に見せたい髪を前に持ってくる時にしっかり癖をつけておけば、自然な感じで前髪を作ることができます。

 

ついでに短くなった髪も一緒に癖づけをして、隠れて見えないようにしてしまいましょう。

 

前髪が似合う、似合わないはここがポイント

 

前髪を切る時に顔の形を意識しておけば、切りすぎを防ぐこともできます。今は切りすぎてしまってアレンジで何とかしようと思っていても、次に髪を切る時に似合わないヘアスタイルを選ばないように気をつけることができるのです。ヘアスタイルを決める時には意識しておきましょう。

 

丸顔なら前髪を作らずに流して大人な雰囲気にしたり、面長なら前髪を作って顔のバランスを取るなど顔型ごとにやり方があります。

 

四角い顔型でエラが気になる場合には、やっぱり前髪は伸ばしてしまうのが最適です。横に流しておくことで角張ったエラを隠すこともできます。

 

 

とりあえず前髪をアレンジで隠しながら、サイドの髪と同じくらいに髪を伸ばしていきましょう。髪の毛は意外と伸びるのに時間がかかるので、ちょっとずつでも伸ばしやすい環境を作っていくことが大切です。

 

前髪が似合わない時の対処方法

 

一度前髪を切ってしまうと、納得がいくまで伸びるまで数ヶ月はかかってしまいます。その間の対処方法として、前髪を結んだりヘアピンで留める方法を紹介しました。とにかく前髪が短すぎてどうしようもない時に利用してみて下さい。

 

他にもいろいろなやり方があり、ヘアバンドを使ったりポンパドゥール風にしてしまうのもおすすめです。前髪を完全に上げてしまえば中途半端にはなりません。気に入らない前髪のままでいるよりもおでこを出した方が良い場合もあります。もちろん似合うかどうかはチェックしておきましょう。

 

もちろん前髪をどうしても作っておきたいなら、他の髪をまとめて前に持ってきて前髪みたいに見せてしまうのが一番適しています。

 

前髪のアレンジで印象を変えるには

 

前髪が伸びるまでの間、毎日同じヘアスタイルだと飽きたりマンネリになってしまいます。そんな時は分け目を変えてみたりしても良いでしょう。特に本来前髪ではない部分から髪を持ってきてまとめる方法は、左右どちらの髪でも使えます。

 

好きなように分け目も変えられますし、前髪の厚さも自由に変更することができます。毎日違う分け目にすることで髪の毛の負担も減りますし、しばらくの間はいろいろなアレンジを楽しむのも良いでしょう。

 

ちょっと前髪が伸びてきたら?

 

しばらく前髪を隠しておけば、ある程度は前髪が伸びるまでの時間稼ぎになります。ちょっと伸びてきたなと思ったら、ピンなどで前髪を流してしまえば意外と不自然にもなりません。ギリギリ流せるくらいに前髪が伸びてきたら、今度は癖ををつけるためにも前髪を出してみましょう。

 

ある程度伸びてくれば、どうしても気に入らない状態からは脱出できています。早くその状態まで持ってくるために、ぴったりのシャンプーを使ったりすることもポイントです。もちろん髪に良い食材をたっぷり摂取するのも効果的です。

 

髪に良い食べ物はたくさんあります。特に、ミネラルやたんぱく質を意識して取り入れるのが良いでしょう。

 

まとめ

 

切りすぎた前髪が気に入らない時には、アレンジの仕方で対処してみましょう。とにかく前髪が短いことに問題を感じるなら、隠してしまうのが最適です。ヘアアイロンやヘアピン、ゴムなどを使うことで簡単にできます。

 

前髪を隠すために、横から長めの髪を持ってきてアイロンで癖をつけたりします。ヘアピンで本当の前髪ごと留めてしまうこともできます。ゴムを使えば一緒に編み込んだりして、ヘアアレンジをしている風に見せることも可能です。

 

ちょっとマンネリ気味になってきたら、分け目を変えてみましょう。たまには普段とは違うアレンジでおでこを出すこともできます。もちろん似合っているかは確認しておきましょう。

 

もちろんこのアレンジは一時的なものですし、エラなどを隠したいなら前髪はしっかり伸びている方が良いでしょう。前髪を早く伸ばすためにシャンプーにこだわったり、ミネラルがたっぷり入った食材を取るなど工夫していくことも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加