このエントリーをはてなブックマークに追加

切りすぎた前髪を可愛く見せるには?ちょっとした工夫で変える!

 

前髪は顔にかかって鬱陶しくなることもありますから、自分で切ってしまおうと思い立つことも多いと思います。少しのことなので、そんなに考えずハサミを入れてしまって後悔することもありますよね?

 

切りすぎた前髪の対処法はたくさんあります。諦めずにごまかすことを考えれば大丈夫です。一部分だけ切りすぎた時も、そのままにしておく訳にはいきません。

 

切りすぎた分に合わせようとしてすごく短くなってしまったというトラブルは、よくあることです。ここではそんな時の対処法について紹介していきたいと思います。ちょっと切りすぎただけなら、ヘアセットなどでも対応ができます。髪が伸びるまでの間は切りすぎた前髪をごまかすことで、少しの間なら乗り切ることができるのです。

 

もちろん、前髪を伸ばすために自分に合う食材やシャンプーなども取り入れていきましょう。髪のことに気を使っていれば、ヘアセットで悩む時間も少なくなるでしょう。

 

前髪をうっかり切りすぎた時の対応策とは?

 

前髪を切りすぎた時には、いろいろな対応策があります。本当に切りすぎた時にはサイドのヘアと一緒にまとめてごまかしたり、前髪自体を隠してしまうのが一番良いでしょう。短くなった前髪が落ち着いてくれればいいですが、軽くなったことによって変な癖がついてしまったりすることもあります。

 

外出時だけごまかせればいいなら、前髪つきのアイテムを使ってしまうのもひとつの方法です。カチューシャやターバン、帽子などにも前髪つきデザインがあります。かぶったりつけるだけで長い前髪があるように見せられます。

 

ウィッグをつけてみたりするのもおすすめです。一時的にごまかすならこんな方法をとってみましょう。

 

とは言え、そんなアイテムを買っている時間がない時もありますよね。このようなアイテムは費用もかかります。何もなくてもできる対処法も考えていきましょう。

 

前髪のない時にできる髪型で対応

 

前髪のない時にできるヘアスタイルはいくつかあります。短い前髪をオシャレな三つ編みに混ぜ込んで見えなくしてしまうのもひとつの方法です。編み込みスタイルは大人の女性にも使われる可愛らしいヘアスタイルです。

 

絶対見せたくないなら、ヘアスプレーなどを使って固めてしまいましょう。その上から髪をかぶせて隠してしまえば問題もありません。

 

前髪を厚くして対処

 

前髪を厚くして対処するためには、二種類のやり方があります。ひとつめは本来前髪ではない部分から髪を持ってくる槍方です。トップ部分の分け目を変えて、上から髪を前に下ろします。サイドやトップの髪が前に来るので、その髪を前髪として使ってしまいましょう。

 

サイドやトップの髪は比較的長めなので、髪をサイドに流したい人にもぴったりです。短くなった前髪も隠れてしまいますし、1週間や2週間ならそこまで違和感は持たれないはずです。

 

もうひとつの方法としては、切りすぎた段階で前髪を増やしてしまうことです。本当に一部分だけ間違って切ってしまった時に応急処置として行うなら、無理なことではありません。全体的に短くなっていた場合はどうしようもないので、やっぱりサイドやトップの髪を前髪風に使うしかないでしょう。

 

前髪を増やしてしまうなら、切りすぎた分が隠れる程度の髪を頭頂部から持ってきます。その分は前髪にしてしまって、他の前髪と合わせるように切ります。このやり方の場合、切りすぎた分が裏側に残るので隠すように努力する必要はあります。

 

また、他の部分から持ってきた髪を前髪として切る時には失敗する訳にいきません。余計に困ったことになるケースもあるので、自信がない場合には諦めて前髪を見せないヘアスタイルを考えましょう。

 

女性らしい前髪のセット方法

 

旦那さんや子供などに似合わないといわれるのはまだしも、問題はパートなどで働いている場合です。職場でも似合わないと言われると、ちょっとヘコんでしまいますよね。ましてやお客さんが来るようなパート先だと、余計切りすぎた前髪が気になってしまうかもしれません。

 

短い前髪でも女性らしく見せるためには、ヘアアレンジでごまかすのが最適です。ヘアアレンジを使いこなせば、女性らしくかわいいスタイルにまとめることができます。

 

前髪は短くても流せば大丈夫

 

とにかく、よほどのことがない限りヘアピンなどを使えばサイドに流すことはできます。ギリギリ届く程度なら、ピンで留めれば落ちてこないからです。ちょっと短くても流せばあまり違和感はありませんし、ぱっつん前髪にも見えません。

 

その他にも、他の髪の毛を一緒に持ってきて流すようにすれば目立たないので安心です。

完全におでこや眉が見えるという状態でなければ、意外となんとかなるものです。もちろん伸ばすことは考えなければなりませんが、眉の上でぱっつん前髪になっていることを避けたいなら、前髪が少し足りないなと感じてもサイドに流してしまいましょう。

 

まとめ

 

前髪を自分で切ってうっかり一部分切りすぎてしまったら、とても落ち込んでしまいますよね。ですが対処法はいろいろとあります。当面はウィッグや前髪がついたカチューシャなどを使ってみたり、横から髪を持ってきて隠すなどの方法で凌ぐことができます。

 

前髪がなくてもできる髪型はたくさんありますし、隠す方法も多種多様です。ちょっと面倒ですが、髪が伸びるまでの間はヘアスプレーやピンなどを活用していきましょう。

 

また、ちょっと前髪が短くてもサイドに流してみるのもおすすめです。いろいろなヘアアレンジもできますし、しばらくはいろいろ試してみましょう。その間に髪を伸ばしていけばいいのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加