このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィッグで前髪を可愛くするには?切りすぎた時に最適

前髪を美容院で切られすぎてしまった時には、ウィッグを使用して応急処置をすることができます。どうしてもすぐに似合わない髪型を隠したい!という時に、ウィッグを使えば一瞬でヘアスタイルを変えることができるのです。

 

ではどのようにしてウィッグを利用するのでしょうか。使い方やウィッグの種類、そしてお手入れ方法などについても紹介していきたいと思います。もちろん、お値段や相場なども気になるところですよね。

 

ウィッグはカットしすぎた前髪にも使える

 

どう考えても似合わないヘアスタイルになってしまって、周りからも笑われてしまう…。こんな時にウィッグは役立ちます。当然髪の毛のことですから、いくらすぐに伸ばしたいと思っても瞬間的に伸ばすのは不可能です。

 

そのため、ウィッグは髪が伸びてくるまでの応急処置と捉えておきましょう。前髪であれば、そこまで伸びるのに時間はかかりません。カットしすぎてしまった前髪をウィッグで一時的に復活させることで、周りからの視線も気にならなくなることでしょう。

 

前髪の切り方が気に入らない時にはウィッグを使用

 

短い上にぱっつん前髪になってしまった時など、前髪の切り方がどうしても気に入らないならウィッグを使って隠してしまいましょう。いくらでもぱっつんが嫌でも、それ以上前髪を切るわけにもいきません。ウィッグならそれとなく隠せます。

 

外出する時だけつけるなどメリハリもきかせられるので、あまり長時間つけたままになることもありません。自分の髪の色や髪質にあったウィッグを選ぶことで、自然な前髪を作ることもできます。

 

ウィッグは前髪セットにも最適

 

では、ウィッグを使って前髪のセットをするにはどうしたら良いのでしょうか。まずウィッグの種類から考えていきましょう。

 

ウィッグには、人工ファイバーと人毛があります。自然な感じを重視するなら人毛が適しています。またつむじがあるタイプとないタイプにも分かれているので、しっかりカバーしたい時にはつむじありタイプを選択するのがおすすめです。

 

基本的に前髪ウィッグは自分の髪の毛につけて留めるだけなので、それほど複雑な使い方ではありません。髪色と質感さえあっていればそんなに目立つこともないので安心して使うことができます。ですがやっぱりウィッグは偽物の毛なので、常時つけっぱなしにしているのは大変ですよね。

 

では、次に長い間ウィッグを使う場合のお手入れ方法について解説していきます。お手入れは種類によっても違うので、買ったウィッグの種類をチェックしておきましょう。

 

ウィッグのお手入れはどうやってするの?

 

人工のファイバーには専用のお手入れ道具もあり、長く利用するならブラシやウィッグ向けの汚れ落としなどを購入する必要があります。人毛タイプは人間の毛なので絡まりやすく、シャンプーやトリートメントなどを使って絡みを取り除いたりしながらお手入れをすることになるでしょう。

 

もちろん濡らした後はしっかり乾かさなければいけません。また、クリームやオイルなどでツヤをキープしておく必要もあります。

 

ちょっとした期間だけウィッグを使うなら、お手入れの回数は少なくて済みます。なのでとりあえずの対応策としてウィッグを使うにしても、髪を早く伸ばす方法を考えたほうが有利です。

 

 

ウィッグの値段ってどのくらい?

 

そもそもウィッグのお値段はどのくらいなのでしょうか。前髪だけならフルウィッグに比べればリーズナブルですが、大体安くても1000円以上はします。ですが中高生ならともかく、あまり安いウィッグは質感も悪いので気をつけなければなりません。

 

そして、価格は人工ファイバーか人毛かによっても異なります。自然な前髪を作りたければ人毛の方がいいのですが、どうしても値段は高くなるでしょう。高級な人毛ウィッグなら、10万円以上という設定になっていることもあるくらいです。

 

ウィッグはどれくらいもつの?

 

費用やお手入れに時間をかけて、ウィッグが使えるのは長くても2年程度です。もちろんこれは毎日つけていた場合ではなく、オシャレ用として使ってきちんと毎回お手入れをした場合です。しかも、ドライヤーなどが使える耐熱性のウィッグに限られてきます。

 

もしお手入れを怠ってしまったらすぐに使えなくなることもあります。髪が絡まったり汚れがつくこともあるからです。髪が伸びるまでの間とはいえ、すぐに使えなくなってしまうなら他の方法で髪を伸ばすことを考えた方が得策です。

 

例えば適切なシャンプーなどを利用することでも、髪を伸ばすことができます。ウィッグを使いたいなら適度な値段のものを一時的に使うようにして、同時に髪が早く伸ばせるようにケアをしていくことが大切です。

 

まとめ

 

ウィッグはどうしても今すぐに髪を伸ばしたい時に、一時的に使うのがおすすめです。切られすぎてしまった前髪のヘアスタイルを変えたいなら、つけるだけですぐに印象を変えることができます。ですがその分お手入れに時間がかかることも覚えておきましょう。

 

お手入れには専用のアイテムも使われます。人毛ならトリートメントもいりますし、ドライヤーで乾かすこともしなければなりません。

 

お値段の相場にしても、数千円から数万円程度の出費が必要になります。ウィッグのケア用品もそろえる必要があるからです。早く髪の毛を伸ばしてしまえば、ウィッグに頼る時間も短くなります。

 

まずは髪の毛を早く伸ばすためのアイテムや、生活習慣などで対応をしていきましょう。

 

髪の毛を早く伸ばすシャンプー「アスロング」の詳細はこちら>>

このエントリーをはてなブックマークに追加